神経質症・回復のためのチェックリスト

森田療法で神経質症を克服するための、チェックリストを試作してみました。外来森田療法を行う際に、自分の理解度がチェックできて便利だと思います。生活の発見会で森田療法を学んでいる方も利用してみて下さい。

氏名

開始年月日   平成    年    月    日
終了年月日   平成    年    月    日

神経質症についての理解
   □体の病気がないことを理解している。
   □心の病気でないことを理解している。
   □正常人なら誰でもある不快感を、病気のせいではないかと考えやすい自分に気づいている。
   □「症状」は、心理的なことが原因で起こることが分かっている。
   □注意が「症状」にばかり向いていることに気づいている。
   □生活するために、なくてはならないことを書き出してみる。
   □精神交互作用を理解している。

治るということ・あるがまま
   □「これさえなければ」と考えず、「これがあっても」という考え方をしている。
   □「症状」をなくすことより、義務や責任を果たすことの方が大切だと分かっている。
   □「症状」を感じながらでも、やるべきことができる。
   □「症状」のある・なしは、どうでもいいことだと思うようになった。
   □「症状」が起きないから今日は調子がいい、とは思わなくなった。
   □自分のやるべきことに集中できている。
   □うまくいかない自分を、責めることなく受け入れることができる。

気分本位と目的本位
   □本位の意味を正しく理解している。
   □義務を果たしたかどうかのみで、善し悪しを判断している。
   □用が足せればよいと考えて、いたづらに完全を追求しなくなっている。
   □ていねいにやるべきことと、手を抜いていいことが区別できる。
   □「症状」があるからとか、気分が悪いからとかいって落ち込まず、悪いなりに仕事をこなすことができる。
   □必要なことは、やる気が起きなくても行動に移せる。
   □不安や不満足を残したまま、先へ進むことができる。
   □作業や仕事の本来の目的が分かっている。

欲求と不安
   □自分のやりたいこと(願望)を50書き出して、グラッサーの欲求の分類を使って分類した。
   □書き出した願望を、行動に移した。
   □受診した動機から出発して、自分の本当の願望を把握することができた。
   □本当の願望の実現のための、行動目標を作った。
   □本当の願望の達成のために行動し、不安、恐怖に基づいて行動しなくなった。
   □不安が起きたとき、その原因になっている欲求を把握できるようになった。
   □不安の基になっている欲求に対して、建設的な対応がとれるようになった。
   □何の不安もない状態を求めなくなった。

感 情
   □感情は放置すれば消えることを使って、不快感情を乗り越えられる。
   □刺激に対する自分の反応として、感情が起こることを理解している。
   □今の感情をあるがままに受け入れることができる。
   □考え方を変えると、感情が変わることを体験している。
   □行動を変えると、感情が変わることを体験している。
   □感情のコントロールとは何かを理解している。

神経質の性格を生かす
   □80点主義を受け入れることができる。
   □仕事や趣味では、さらによいものを目指している。
   □根拠が乏しいことを、いつまでも苦にして気に病むことがなくなった。
   □反省する価値があるかないかの区別ができる。
   □失敗を、プラスに生かすことができる。
   □不安・心配を原動力にして、周到な準備ができるようになった。
   □こだわって追求するものと、切り捨てるものとを区別することができる。
   □迷ったときはまず行動してみて、その結果から学ぶことができる。
   □人にどう思われているかよりも、自分が人をどう思っているかを重視している。
   □職場や家庭で、自分が何をすべきかが分かっていて、その役割を果たしている。

Information

 
10:0012:30
14:3018:30
予約制
火曜午前・水曜・日曜・祝日 休診

page top