対人恐怖(社会不安障害、社交[社会]恐怖)の人の恐れるもの

 対人恐怖とは、普通の人なら誰でも感じる対人関係での不安や緊張感などを、自分だけにしかないものだと考えて気に病むものです。人付き合いは大変なものだ、人前では緊張するものだと思えば、ただその時に苦しいだけですんでしまいます。しかし、他の人は平気だが自分だけ苦しんでいると考えると、これは治さなければいけないとなり、対人恐怖になるのです。
主な訴え
 対人恐怖の人の訴えは、挙げればきりがないほど多くあります。対人関係で感じる不快のことが、すべて症状となり得るからです。以下にその主なものを挙げてみましょう。

 顔が赤くなるのではないかと気にする(赤面恐怖)。人前で緊張してあがる。自分の視線が相手に不快感を与えるのではないかと恐れる。逆に他人の視線を気になる。顔の造りが悪いと気にする。顔が緊張するのが気になる。人前で表情がこわばってしまう。体臭が人に不快感を与えているのでないかと恐れる。唾を飲み込む音や動作が相手に不快感を与える。

 上記のようなことを恐れて、人前に出られなくなり、外出も困難になってきます。買い物に行けなくなったり、仕事を休んだりするようになると、日常生活にも支障が出てきます。
対人恐怖の例
 笑顔が人に不快感を与える
 板前をしていた男性は、人と話すときに自分の顔が緊張してゆがみ、人に不快感を与えるのではないかと気にしていました。新しい職場で親しい人もできないうちはいいのですが、やがて食事時に雑談をするようになると、それが苦しくてたまりませんでした。雑談の時には誰かがおもしろいことを言うと、自分も笑わないと失礼だと思います。しかし、緊張のため笑えないので、相手を不快にさせると苦しんだのです。そして1,2ヶ月のうちに我慢できなくなって退職するのです。顔の緊張で大変な思いをするよりも、新しい職場に行って方がまだ耐えやすいと思ったのです。そして、短期間で職場を転々とするようになりました。この人は2ヶ月の外来森田療法ですっかりよくなりました。

 顔の緊張が気になる
 高校を卒業して商社に入社した女性は、6ヶ月くらいしてようやく仕事になれてきた頃から、自分の机の正面にいる課長の視線が気になりだしました。視線を感じると自分の顔が赤くなって課長に笑われるのではないかと不安になりました。そのため正面に課長がいると気になって、用もないのに机を離れるようになったのです。やがて課長だけでなく、他の人と顔を合わせても、赤面が気になるようになってきました。通勤途中でも同じ事が起こるようになり、欠勤が多くなりました。このままでは生きていけない、治さなければと決意して、大学病院の外来に行きましたが、待っている間に周りの人の視線を感じて緊張してしまい、我慢できなくなって逃げて帰りました。最終的には森田療法施設に入院して、2ヶ月後に職場復帰しました。

 対人恐怖の人の世間像
 対人恐怖の人は、自分の症状をすべてに人が注目していると考えています。赤面を気にしていた女性は、職場の人全部が、自分の顔に注意を向けていると考えたのです。
 けれども実際は普通の人は、町に出ても見知らぬ人の注目を集めることはまずありません。人はそれぞれ自分のことで頭が一杯で、見知らぬ他の人の顔が赤いかどうか、緊張しているかどうかなどを、いちいち気にしている暇はないのです。対人恐怖の人は誤った「スター意識」を持っています。

 また、周りの人も自分と同じ価値観を持っていると考えています。自分が症状を起こすと、不快感を覚えたり、軽蔑して笑ったりして、対人恐怖起こす自分を受け入れてくれないと考えているのです。
 このように、対人恐怖の人の考える世間の人とは、常に自分に視線を集中し、自分の弱点を容赦なく攻撃してくるゆるしのない人です。

 しかし現実にはそんな価値観を持っている人はまずいません。人前で恥ずかしい思いをしたり、緊張するなどは、誰にでもあるごく当たり前のことで、いちいち注目するほどのことではないと考えているのです。

 対人恐怖の人が恐れるもの
 以上のような世間像は、誤った考えに基づいて作り上げられた虚像です。対人恐怖の人は、本当はありもしない世間の目に映る自分の姿を恐れているのです。森田正馬はそのような状態を、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という句を使って表現しました。こわい、恐ろしいと思っていたけれども、本当は何も恐れることはなかったというわけです。このことは、対人恐怖に限らず、あらゆる神経質症に当てはまります。

赤面恐怖のため、外出が困難になっていたある人は、絶対に治したいと思いました。それには恐怖突入しかないと、思い切って電車に乗ることにしました。乗ってみると、自分の方を見ている人は誰もいないということにすぐに気がつきました。今までは全員が自分の赤面に注目していると恐れていたのですが、そうでないことが分かったのです。

 後になって、赤面を軽蔑したり嘲笑したりする人はほとんどいないことにも気がつきました。恥ずかしがることに対して、周りの人は自分が考えていたよりもはるかにあたたかかったのです。

 少しもこわがる必要のないことを極端に恐れている、これが神経質症の正体です。

 本当の欲求に気がつくこと
 人に笑われたくない、人に不快な思いをさせたくないという思いの裏には、人に認められたいという強い欲求があります。この欲求を自覚することが大事です。
 自分の本当の欲求を知るには、対人恐怖の症状がなくなったら、自分はどうするかという風に自問自答してみることです。赤面しなくなったら、人と自由に話が出来るし、仕事を辞めなくていいと思います。そうすると、人と仲良くし、仕事も続けたいというのが、その人の願っていることで、赤面しなくなることはそのための手段だと思っていたことが分かります。
先に挙げた板前の男性は、まじめに仕事をし、人が見ていないところで手を抜くなどということは全くできない人でした。自分のやった仕事に誇りを持っていて、掃除や洗い物でも心を込めて取り組んでいました。だからやめるときには、いつも惜しがられ引き留められるのですが、本当の理由を言うことはできませんでした。仕事が長続きするようになりたいというのが、この人の願いでした。

 欲求を実現するための手段を間違わないこと
 対人恐怖の人は、人に認められたいという強い欲求を持っています。症状をなくすことは、その欲求を達成するためになくてはならないものだ、症状があるから自分は人に認められないのだと誤って考えていただけなのです。
人に認められるには2つの方法があります。一つは人に信頼される人間になることです。そのためには仕事の能力をつけ、責任を果たすことが大事です。人に不快感を与えるのではと恐れて仕事を休んでいては、当てにならない人というマイナスの評価を受けてしまいます。緊張しながらでも仕事に行くのと、突然休むのとでは、職場の人にとってどちらが迷惑か、考えればすぐに分かります。
 もう一つは、相手の存在を認め、相手に関心を持つことです。対人恐怖の人は、他人に弱みを見せず、人にない能力をつけて見上げられる存在になれば、人に認められると考え勝ちですが、そうではありません。人は自分のことに親身になってくれる人を有難いと思うのです。自分の症状ばかりが頭にあって、まわりの人のことまで考えられないようになると、「あの人は、私達には関心がないようだ」と思われます。
 対人恐怖の人は、対人関係での悩み方が足りないのです。

 対人恐怖を乗り越えるための恐怖突入
 赤面恐怖で入院したある女性は、庭で作業をするのは苦痛でした。近くの渡り廊下を行き来する人に、赤面した自分の顔を見られるのがいやで、しばしば作業を放り出して部屋に逃げ帰っていました。そのたびに主治医から、庭に出されました。こんな事では大金を払って入院している価値がないと思い始め、何があっても作業を続けると決心をしました。どんなに苦痛でも時間までは庭で頑張ると決めたのです。ある時草取りに夢中になり、いつの間にか渡り廊下のすぐ近くまで来ているのに気がつきました。このとき、対人恐怖があっても、やれば何でも出来るのだと言うことを悟りました。

 次に森田先生の対人恐怖の恐怖突入について書いてあるものを紹介しましょう。

 強迫観念の単純なもので、理解がよく従順で、勇気のある患者は、上にあげた着眼点により説得したばかりで、治ることのあるのは、前の発作性神経症におけるがごとく、直ちに恐怖の内に突入することによって治るのである。例えば赤面恐怖の患者であって、電車に乗ることのできないものに対して、「勇気を奮い起こし、電車に乗って、自分の張り裂けるような赤面を衆人の前に曝すべし」という風に命じ、患者に猶予なく、直ちにこれを実行させるようなものである。ある患者は、これによって、わずかに3,4日の間に、多年の赤面恐怖を克服したことがある。これは一面から見れば、懺悔の心理にも相当したものであって、自己を赤裸々に、衆人の前に、告白発表するということによって、自我執着を去るものである。(全集第2巻375頁)

 恐怖突入というのは、本当の恐怖に突入するのではなくて、自分が恐ろしいと誤って考えていることに突入するのです。たとえて言えば、ライオンのいる檻の中に入っていくのではなく、ライオンがいると信じ込んでいる空の檻に入っていくようなものです。

 対人恐怖が治るとはどういうことか
 人前で緊張する、恥ずかしくて顔が赤くなるなどのことは、普通誰でもあることで、異常なことではありません。だから治るということは、対人関係で何の恥ずかしい思いもしなくなることではないのです。対人関係でつらい思いをしてもだたそれだけで、それ以上に悩まなくなることです。人前であがることがあっても、ただそれだけです。あがったり恥ずかしい思いをするのは、いい気分ではありませんが、それで悩むことがなくなるのである。暑い時には汗でべたべたして不快です。しかし不快に感じていることで悩むことはありません。治るということはそういうことです。

 治るとは、対人緊張に対する心構えが変わることです。誰にでもあることだからなくそうとしてもなくならないし、なくす必要もないものだと考えるようになることです。

さらに、人付き合いは気をつかうものだということが分かってきます。今までは症状を気にするあまりに、人付き合いで大事なことがおろそかになっていたことにも気づくようになるでしょう。そうなると、本当の気配りもできるようになってきます。

パニック障害(不安神経症)の森田療法

 パニック発作のことを、森田療法の創始者である森田先生は、発作性神経症と言っていました。心悸亢進、呼吸困難、痛みなどが発作的に起こって、しばらくすると何事もなかったかのように消え去るからです。その後森田療法では、不安神経症というようになりました。
 森田療法の適応となる神経症の中でも、最も治癒率の高いものです。入院森田療法を受けた人で全治または軽快する人は、80%台の後半ですが、不安神経症だけに限って言えば、90%を超えます(岩井寛・阿部亨共著「森田療法の理論と実際」)。
発病年齢
 強迫神経症や普通神経質は思春期から20代で発病する者が多いのですが、不安神経症は、30代、40代で発病する人の割合が高くなります。
病前性格
 病前性格は、神経質の他に、社交的で面倒見のいい人が多いのが特徴です。
症 状
 突然起こる不安・恐怖発作が中心症状です。それに、心臓が急にドキドキする、発狂恐怖、呼吸困難、身体の痛み、手足の冷汗、脱力などが加わり、それによって発作のタイプが違ってきます。発作が起こると強烈な不安・恐怖を我慢できず、救急車で病院を受診することがよくあります。病院に着いた頃には、発作はよくなっていることがほとんどです。検査を受けても何の異常も見つかりません。心電図で、治療の必要のない不整脈を指摘されることもありますが、発作の原因になるものではありません。不安発作は、一過性のもので、何の後遺症もなく治まります。
 発作を繰り返しているうちに、発作が起きたらどうしようかという予期不安のために、単独で外出できなくなったり、1人でいるのが困難になったりします。飛行機、新幹線、急行電車など、発作が起きたときにすぐに病院に行くことができない状況が、特に苦手です。外を走る電車には乗れるが地下鉄がだめ、空いている電車はいいが満員電車には乗れないなどという人もいます。乗り物が恐いのではなく、乗っているときに起こるかも知れない不安発作を恐れているのです。発作によって他人に迷惑をかけることを恐れる人もいます。
 不安発作を恐れて逃避行動を繰り返しているうちに、外出できる範囲はどんどん狭くなっていき、家から一歩も出られなくなることもあります。しかし、そのために心身に障害を来すということはありません。
 しかし発作を恐れてやるべきことをやらなくなったり、電車で行けるのにタクシーを使ったりするようになると、実害が出てきます。発作そのものは恐れることはありませんが、日常生活に支障が出るのは問題です。
なぜ発作が起きるのか
 パニック発作を起こして病院で検査してもらっても、どこも異常がないと言われます。悪いところがないのにどうして苦しくなるのでしょうか。それは、ものの考え方や行動の仕方が原因です。
 めまいがする、急に不安になる、脈が速くなるなどのことは、健康な人でもよくあることです。普通は、誰でもあることだと思って気にとめません。
 しかし心配性で、病気ではないかと気にしやすい傾向のある人は、些細な不調でも、病気のせいではないかと気にします。病気だと思うと、よけいに不安になります。不安になれば、注意は身体のことに集中します。そして身体の症状を敏感にとらえ、さらに不安が大きくなるという悪循環に陥るのです。森田先生はこのことを、精神交互作用と名付けました。
 不安が強くなると、病人としての行動を始めます。救急車で病院を受診する、脈拍数や血圧を頻繁に測る、発作が起こりやすいと思う所へは行かないようにするなどのことです。
 誰にでもあることを、病気ではないかと誤って考え、身体や心の状態に注意を集中して不安を増大し、病人らしく行動することが、症状を長引かせる大きな要因です。
治し方
 治すためにどうすればよいかは、どうして発作が起こるようになったのかを考えれば分かります。一言で言えば、病人らしくせず、健康な人間として行動することです。
1.健康とは何か
 健康とは、何の不快感、不安もない状態ではありません。気分爽快で何の不安もなく、身体にもエネルギーが満ちていて、少々のことでは疲れを感じないで、活動的で動き回っている。こんな状態が理想だと思うかも知れませんが、躁病という病気に罹っていることが多いのです。
 健康な人でも、頭が重かったり、胃の具合が悪く感じたり、肩こりがしたりすることはあります。身体の不具合を感じることはあっても、こんなものだと思って暮らしているのです。精神的にも、不安や心配事を抱えているのが普通です。一寸先は闇というように、誰もが将来の保証のない所で暮らしているのです。
 ある程度の不具合や不快感を感じながら、たいした支障もなく生活が出来ている。これが健康というものです。

2.不安から逃げないこと
 発作が起きないようにとばかり考えて、発作が起きやすい状況を避けて生活していると、いつまでも治らないで、何年も苦しむことになります。
 森田先生は、数年来心悸亢進発作で悩まされていた女性患者に対して、次のように言っています。「今夜臥褥するときに、その発作が最も起こりやすいという横臥位を執り、自分から進んでその発作を起こし、しかもその位置のままで苦痛を忍耐し、かつ発作の起こり方から、その全経過を熱心に詳細に観察するようにして下さい。そうすれば私は、あなたのその体験によって、将来けっして発作の起こらない法をお教えする。もしこのために、今夜いかに激しい苦痛があって、徹夜するようなことがあったとしても、長い年数の苦痛と不安を取り除くことができれば、充分それを忍耐する価値のあることである」(「新版・神経質の本態と療法」より)
 この患者さんは直ちに教えられたとおりに実行しましたが、発作を起こすことはできず、5分もしないうちに眠ってしまいました。このときから不安発作に対する不安は、全くなくなってしまいました。不安神経症はこのように、瞬時にして心構えを体得して治ることもよくあります。
 私の所に受診した女性は、心悸亢進発作のために電車に乗ることができず、初診の時には夫と一緒でした。「主人と一緒なら、不安もなくどこにでも行くことができます」と言っていました。私は、どうして症状が固定してどうすれば治るかを説明したあとで、「治すためには、1人で電車に乗ることが大事です」と言いました。そしてその方は、1人で帰ることにしたのです。家に着いたらすぐに電話が来て、「発作も起きずに帰り着きました。私の心構えが間違っていたことがよく分かりました。もう心配ないと思います」とのことでした。
 発作から逃げるのではなく、必要があれば、発作に向かって突入していくのです。そうすると、発作は逃げていってしまいます。

3.発作のやり過ごし方
 発作が起こってきたときには、どうすればいいでしょうか。
不安・恐怖の発作は一過性で、時間が経てば跡形もなく消えて、何の害も及ぼしません。ただ一時的にこわい思いをするだけのことです。
 発作が起こってきたときは、このことを頭に置いておけばよいのです。台風が過ぎ去るのを待つように、発作をやり過ごすことです。この経験を何度か繰り返していくうちに、発作は起こっても何事もなく消えてしまうこと、こわいものではないことが体験的に分かってきます。 1人で電車に乗った場合などは、恐怖感が強く、逃げ出したい衝動に駆られます。このとき忍耐して最後まで続けることが大事です。「あるがまま、あるがまま」と言い聞かせながら耐えたという人や、「この発作は何事もなく消えてしまう」ということを念じ続けた人もいます。初めのうちはかなりの我慢が必要な人もいます。これは自分1人でやらなければなりません。
 やがて不安が起こっても動揺することはなくなります。さらに進むと、不安発作のことなどは考えなくなってきます。発作に注意を集中して、そのことばかり考えていることがばかばかしくなってくるのです。どうしてあんなつまらないことで悩んでいたのだろうと、思うようになるのです。

 職場まで電車で行きたいという気を起こせば、車内で発作が起こったらどうしようかという心配も出てきます。目的を達成したいという気持ちと不安とが戦うのです。
 目的を達成するための行動を続けるのか、不安に基づいて逃げてしまうのか、どちらをとるのかがとても大事です。目的意識に固執して目的達成のための行動をすればよくなっていくし、不安発作を起こさないようにと逃げの行動を続けていると、よくなることはありません。

4.不安発作のあるなしにこだわらない
 どうなれば治るのですかと聞かれることがよくあります。治るということは、何の不安も心配もなく外出できるようになることではありません。それを目指してしまうと、精神交互作用を起こして、逆に不安は強くなります。治るとは、不安に対する心構えが変わることです。
 全く安全に外出できる保証などどこにもありません。急病で倒れるかも知れないし、事故に遭うかも知れません。人間として生きる限り、完全な安心などどこにもありません。
不安がいつもあるところで、目標達成を目指して行動していのです。

 不安なままでいることと、不安であることで悩むこととの間には、大きな違いがあります。例えば、耳が痛くなるような寒さの中を歩くのは、つらいものです。このときは、ただ寒い思いをしているだけです。寒く感じている自分について、悩んだりはしません。
 外出時に不安になったときも、これと同じです。ただ不安なままに先に進んでいけばよいのです。不安はあってはいけない、発作を起こさないようにしなければと思うとき、不安であることが悩みになります。不安と戦わず、ただ感じるままにしていれば、悩みにはなりません。

 不安はあってもなくてもよい、それよりもはるかに大事なことは目的を達成することだという心構えができたときが治ったということです。治ったからといって、何の不安もない境地に達するわけではありません。不安が起こっても、それをあるがままに受け入れて、不安と戦わなくなるだけのことです。
 そうなると不安が起こっても、不安でいるだけで、不安だからと言って動揺することはありません。

Information

 
10:0012:30
14:3018:30
予約制
火曜午前・水曜・日曜・祝日 休診

page top